運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

運動神経イマイチなたー君(小3)の小2から始めた等身大のフットボールライフのブログ。

サッカー経験がなくても大丈夫。サッカーの原理原則と3Bを知っておきたい。

 当ブログは運動神経イマイチな子がサッカーやってどうなるかを伝えていくのがコンセプトです。

 サッカー経験がないけど、子供はサッカーしていて、「力になってあげたい。けど、分からない。」と思っているパパ、ママもいると思います。

 サッカーの原理原則と3Bを基本として考えるとサッカーが見えやすくなるかもしれません。

 

 サッカーの原理原則は分かりやすく書いてある記事がありました。紹介しておきます。

favoritecub.com

 

 サッカーの原理原則は「ゴールを奪うこと」「ボールを奪うこと」です。これは逆も然りで「ゴールを奪われないこと」「ボールを奪われないこと」も言えると思います。

 

 それとサッカー選手の3Bが、「ボール(Ball)コントロール」、「ボディ(Body)バランス」、「ブレイン(Brain)」です。

 

 3Bは簡単に言うと、ボールコントロールは、トラップ、キック、ドリブル、ヘディングが上手いかどうか、ボディバランスは、走ったり、止まったり、反転したり、ジャンプしたりといろんな動きの切り替えを素早く連続してできるかどうか、ブレインは、サッカーの原理原則を合理的に、効率的に判断、選択できるかの習熟度です。

 

 サッカーの原理原則が目的で、3Bは選手がその目的を達成するための手段です。「ゴールを奪う」「ボールを奪われない」ようにボールが扱えて、よく動けて、合理的にゴールに向かっていければ、ゴールを奪うことも簡単になるよと。

 

 リフティングが1000回できても意味ないとか、ジンガの難しいやつができても意味ないとか議論がありますが、これは、サッカーの原理原則から言うと確かに意味ないです。

 

 ポンポンリフティングする時間があるならすぐシュートしろ。クネクネボールをこねくりまわしているなら、ゴール前にクロスボールをあげろと。 

 けど、3Bのボールコントロールの上達にはとても大事なことです。なので、私もジンガをさせました。けど、ジンガを極めれば、良い選手になるとは思っていません。

 

 サッカーの試合は原理原則に沿った動きをする。

 その精度と速度を上げるために、3Bを高めるというように整理をした方がいいです。

 

 子供がリフティングがめちゃくちゃできる。ジンガがめっちゃ早い。けど、試合では活躍できない。もっと自信をもって試合に臨んで欲しいと考えている場合、それは、自信のあるなしじゃなくてサッカーの原理原則から外れた動きをしていませんか。

 

 リフティングはトラップしてシュートするためのボールコントロール、ジンガはサイドのエリアで切り返して相手DFからボールをずらして早くクロスボールをあげるためのボールコントロールと、原理原則の中で練習したこと、今できることを「ゴールを奪う」につながるように発揮させたいですね。

 

 サッカー経験がなくてもパパ、ママがサッカーの原理原則に基づいて子供のサッカーを見てあげれば上達につながると思います。

 

 ロシアワールドカップで日本はコロンビアと対戦します。コロンビアは「ゴールを奪う」、「ボールを奪う」が最優先事項のサッカーをします。

 ハメス・ロドリゲスが「ゴールを奪う」ためにどんなドリブル、パスをするのか、ファルカオが「ゴールを奪う」ためにシュートまでにどんなボールコントロールをするのか。それと比較して日本はどうなのか。

 セネガルポーランドは「ゴールを奪う」「ボールを奪う」ためにどのようにボールを運んだり、扱うのか。

 

 原理原則を意識して3試合を見ると、サッカー経験がなくても3Bのブレインの向上につながります。ブレインを養えば自分の子供のサッカーがより面白く見れるんじゃないでしょうか。

自主練習ノートが真っ白

 たー君には自主練習ノート(年末に取引先からもらったシステム手帳)を渡してあって、スクールに入会した1月から毎月の日々スケジュールのページに私が毎日の自主練習メニューを書いていました。

 サッカー始めてから5ヶ月間びっしりと私がたー君に課した練習メニューが書いてあります。それが今、真っ白です・・・ 私が書いていないだけなんですが・・・

  

 保育園卒園組の集まりで見た時に足下がかなりこなれてきたなというのと、最近、サイドキックのパス交換もかなりこなれてきたなと感じていました。なので、スクールの様子も覗きに行ってみると、練習でもミニゲームでもボールの扱いが上手くなったな、サッカーする形になっているなというのが確認できました。まだまだ初歩レベルですが。

 

 ボールタッチ、サイドタップ、プルプッシュ、コーンドリブルとか、ただ黙々とやる種類の自主練習を、対人を意識した練習に切り替えました。対面パスとドリブルのキープゲームが主です。

対面パスは角度つけたり、コーンを障害物にしてコースを限定したりなどをやっています。

 ドリブルのキープゲームは、たー君がドリブル8割、私2割くらいで、横に誘っといてコースが空いたら縦につくという仕掛けを攻めたり守ったりしながらアドバイスします。

 ドリブルはこねくりまわすんじゃなくて縦のコースが空いたらボールを前に運んでいくんだよというのを意識させるようにやっています。

 

 今までは自主練習ノートに私が「やらせるための」メニューをビッシリ書いていましたが、今は自主練習したことを記録しています。

 それと、自主練習も毎日課していましたが、今は、週3程度にしておこうと言っています。なわとびとか勉強をしてねと。

 

 ですが、保育園組の集まりを境にたー君から、「お父さんボール蹴ってよ。」とか、暇つぶしにボールを壁に当てたりとか、空のペットボトルを床に落としてドリブルをしていたりとか、なにかとボール(またはなにかの物体)を足で触っています。

 

 そういう状況なので、ひとまず、私が干渉して練習させるような役目は終わったなと感じています。

 

 当ブログは運動神経イマイチな子がサッカーやってどうなるかを伝えていくのがコンセプトです。4月より新学年が始まって子供にサッカーを始めさせたパパ、ママもいると思います。

 

 サッカー初心者からボール扱いが形になるまでには、3ヵ月必要です。私は、1月~4月、4月~7月というスパンで上達具合を気にしていました。

 10分程度でも3ヵ月毎日ボールを触っても昨日より今日の方が上手くなっているのは全く感じられませんが、3ヵ月後には上達が感じられると思います。 

 春からサッカーを始めた子供の週末の出来ではなくて、3ヵ月後、6ヵ月後の上達を楽しみに待ちましょう。

 

 あと、子供が自主練習をするうえで、私が意識していたことがあります。

 それはサッカーの原理原則と3Bに沿って練習をさせることです。これについては次回書きます。

子供は親の期待に応えようとする

 先日、うちの子達が通っている保育園を辞めてしまった先生に偶然会いました。
 じゃすこが大きくなったところを見せたくて声をかけると少し立ち話ができました。
 もう、保育園も辞めているので、すごくフラットな状況で話ができました。

 うちの子達が通っている保育園は子供の能力を引き出そうとするから、指導が熱心になるけども、それについてくる子供たちこそ凄くて、頑張り屋だということ。
 
 競争をさせながらの活動があるから、子供達に優劣がついてしまうように見えるが、実はのほほんと友達同士で遊ぶ関係の時間の方が多い。
ガツガツした環境ではなくて伸び伸びしている時間の方が多い。優劣を気にするのも、作るのも保護者の方だったりする。
 
 子供は頑張っているし、普通の未就学児ができないだろうことをやってしまうのを見ると、もっとやれる、もっと高い教育を受けさせないといけないという気持ちが保護者は起きる。
 それで、あの子はあそこの塾とか、啓発とか習い事してるとか、そういう情報も入ってきて、保護者の間で競争をしている。結果、保護者のイメージ通りにはなっただろうけど、手を加えない方がもっと才能が開いたただろうになという子も過去には見てきた。

 このような話をしていた時に、ハッとする言葉を聞けました。
 「けど、仕方ないんです。子供は親の期待に応えようとするから。」
 
 低年齢であればあるほど、子供はただただ純粋に親の期待に応えようとだけ考えてしまうそうです。
 親は子供のためと思っていても、誰のためと言われれば、それはパパとママのためと考えているんじゃないかと。
 まだ自分を持つには小さすぎて仕方ないけど、自分の意思を持って取り組んでいる時には、やっぱり才能とか能力は劇的に開花するのを見てきたというような話でした。

 たー君は真面目だと言っていました。真面目さが仇にならないように。ほどほども大事。
 ぴょんこは器用でなんでもできるように見えてしまうので、周りが期待する。その期待に振り回されないように見守って育てれば大丈夫ですということでした。

 親が先走って、見えてるものだけしか見なくて、大事なものを見誤ってはいけないなと思いました。