運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

運動神経イマイチなたー君(小3)の小2から始めたフットボールライフを応援するブログ。

リフティング嫌いでもやらせる

 たー君がサッカースクールに通い始めてから3ヵ月が経ちました。スクールにもサッカーにもすっかり慣れてきたのは見ててもよく分かります。

 寒い1月に始めたので、先日、30度手前まで気温が上がった時には、「真夏だー!暑い!」帰ってくるなり言っていました。

 

 3ヵ月経ってボールを止める、蹴る、運ぶという技術が、スクールの練習についていけるぐらいまで身についてきました。

 けど、最近見てて思うのが、タッチが固いです。ボールを蹴る強さの加減が強か弱しかないような感じです。 

 ちょうどいいってのがうまくできません。

 ボールの蹴り加減の微妙なコントロール調整を身につけるにはリフティング練習なんだと思います。

 リフティングの回数にこだわる人の考えも分かります。しなやかで、かつ、力をボールに伝える加減ができれば、タッチが柔らかくなっていくんでしょう。

 自分がイメージした場所、高さにボールを蹴り上げ続けることができるようになれば、これまで身につけてきた足下の技術ももう一伸びできそうです。

 

 たー君はリフティングがどうにもならないので嫌いです。

 しかし、リフティングが100回はできないとこの先の上達につながらないでしょう。

 なので、いくら嫌いでもリフティングの練習を「やらせる」「やってもらう」ことにしました。

 見る方も長い時間見てあげないといけないので、4月から土、日にリフティング練習をやっています。

 

 もうすぐ、ゴールデンウィークなので集中講座もしないといけないですね。

 夏休みが終わるまでに100回できるように根気強く接していきます。

できない我が子にイライラすることについて

 我が子ができない時ってイライラすることがあります。

 ママは子供たちがおもちゃや書いた絵なんかを散らかしっぱなしにしているととっても憤慨しています。

 私は子供が時間の使い方がルーズだとイライラしますね。テレビ見る前に宿題を先にやっておくとか、学校の準備する前にベイブレードやっているとか。やることを手早くしてほしいと思います。そんな私は、自分の好きなことを先にして、義務的なことは後回しにしていますが・・・

 

 もう春で今さらスキーの話もなんですが、親子でスキーって結構イライラします。親は滑れる、子供は滑れない。滑れないから泣く、その場から動かなくなるってことがあって、コース上のあちこちから、親が子に対して、「やる気ないのか!」「泣くな!」というスパルタな声が聞こえてきます。

 親は滑りたい気持ち我慢しているから、ストレスたまるんですよね。あと、子供が転んだ後に起こすのがなかなか大変だったりするので、「もたもたするな!」、「なんで起き上がれないんだ!」っていう声も結構聞こえてきて、子供も落ち込んでるのか、すねているのかでなかなか起き上がらないので、さらにヒートアップしていくという場面も見られます。

 親子スキーで優雅に滑る姿ってのは、なかなか道のりが遠いというのが現実かなと思います。

 私もたー君が5、6歳の頃、なかなか滑れるようにならなくて同じようなことを言ったことがあります。落ち込み気味の表情をしている我が子にストレス溜まってついついきついことをボソッと言うことがありました。

 たー君は運動がすぐできるわけじゃないことは理解していたので、運動については大らかにしていたのですが、スキーの時だけはイラっとすることがありました。

 その後、教え方を変えたりして、たー君も順調に上手くなって今となっては、スイスイ滑れるようになったので、一緒に滑っていてとっても楽しいのですが。

 そして、いよいよ、ぴょんこが、

 「あたちもスキーやりたい。」

 と言うので、今年の冬にスキーを始めることになりました。

 

 スキーデビューからの練習は前記事にもした通り進めていきます。 

footballhajimel.hatenablog.com

 

  ぴょんこは運動神経上級です。かといってスキーがすぐできたかというと、まったく何もできませんでした。スキー板履いて普通に歩こうとするので、板の先が雪にささって転びまくりです。そして、スノーエスカレーター乗って初滑りをすると、すぐ転んでお尻を打ちました。 

 結構、すぐへこむタイプなので、「もうしない。」と言うかと思ったら、ヘラヘラ笑っていました。それからも滑っては転びを繰り返しても、お尻を打ち、背中を打ち、頭を打ってもヘラヘラ笑っていました。

 新しいスポーツに挑戦している自分、失敗している自分に楽しんでいるように見えるんですよね。

 子供ができなくても楽しそうだとイライラしないんです。

 ぴょんこも転んでも運動自体は好きなので、

 「もう1回する。」「まだやる。」と、

 落ち込むどころかやる気がでてくるという感じでした。

 

 結局、たー君とぴょんこじゃあ脳のつくりが違うんだな。運動への向き合い方が違うんだなと。誰でも得意、不得意があるけども、「好きこそものの上手なれ。」ってのが先なんだなと思いました。

 

 運動できる子ってのは、何も言わなくても自分から運動能力高めるためのことするし、勉強が好きな子は、何も言わなくてもどんどん勉強進めてくんだなと。

 

 ゴールデンエイジっていう言葉をうのみにして親目線で今しかないってやらせるよりも、子供の長所を見極めて、そこに強い負荷をかけて「好きこそものの上手なれ」で自然に伸ばすっていうことができたらいいなと思う新学期の今日この頃です。

春休みをオフだとして、オフの成果。

 たー君のスクールが2週間ぶりにあります。とはいえ、ママと帰省した時に、帰省先の町のサッカークラブにお邪魔したので、集団での練習は一応しました。

 

 帰省先の町のサッカークラブでは、スクールではしたことがない練習もしたようで充実していたようです。

 教えてもらったというルーレットターンを見せてくれました。

  

footballhajimel.hatenablog.com

 

 ママが言うには、「水筒が空で、汗だくでいい顔して帰ってきたよ。」ということで、帰省した時は、また行くそうです。

 

 帰省から戻ってきた後、たー君とすぐにボールを蹴ることは敢えてしませんでした。

 帰省して楽しんできたようなので、私とすぐにボールを蹴ると現実に戻してしまうようで気がひけました。たー君にとったらまだオフだと。

 私も長い休み明けの仕事で、すぐに切羽詰まった話になると、内心「まだそんな気分じゃないよ」と辛くなります。

 

 ママに帰省中にかなりボールを蹴っていたと聞いたので、どんな感じか気になっていたところ、ママも察したのか、

 「たー君、戻ってきてからサッカーの練習してないよ。パパとボール蹴りな。」と言ったので、そのタイミングで久しぶりにパス交換をしました。

 

 すると、動きが素早くなっていました。トラップはなんだか変なのですが、右に左にボールを散らすとその方向に素早く軸足もスライドしてトラップするようになっていました。

 ドリブルとボールタッチも自主練習もなんだか素早くやろうとします。精度は雑なんですけど。

 動きが随分変わったなと正直思いました。まあ、雑なんですけど。

 

 帰省先の隣の子に刺激を受けたのか、のどかな町のサッカークラブで刺激を受けたのかはわかりませんが、私の知らない間に、たー君の動き方の認識がグッとサッカー的に変わったようです。

 

 オフと思っていましたが、これまでと違う刺激を受けて成長が見れました。