運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

運動神経イマイチなたー君(小3)の小2から始めた等身大のフットボールライフのブログ。

少年サッカーはつらいよ。(とある地方県に見る育成環境の激変①)

 秋も深まってきました。この季節は高校サッカー選手権の予選が各県で進んでいます。

 

 私の母校は県の1回戦で負けたようです。もう20年ぐらい前になりますが、その頃はベスト4に食い込んで、県優勝、県代表で全国大会へ行くこともありましたが、

 今はぱっとしないようです。監督となる先生の異動があって、今はセレクションもなかったり、もともと大学進学が目的の普通高校なので、部活全般力を入れる学校でもないので、今の2種(ユース)の状況に置いてかれてるようです。

 

 私が高校サッカーをしていた20年前とは勢力図が全く違います。県内トップだった名門公立高校は、今はベスト8がやっとです。双璧をなした私立強豪校はベスト4ぐらいの力のようです。

 現在は全国からジュニアユースの強豪街クラブやJクラブの選手を引き抜いてくる私立高校が2校ぐらいあって県内ナンバーワンの座を争っているようです。この2校にはこの県のJクラブのユースもねじ伏せられてしまいます。私が高校生だった頃は、10-0で勝っていた私立高校ですが、今や私の母校は逆に5-0ぐらいで負けるんじゃないかと思います。

 私立が強化に傾くと全く別のチームになりますね。

 今、この地方県の2種(ユース)は他県出身者が中心に県のトップが争われています。県内出身者は、他県出身者に全く歯が立たない状況です。

 そういう事情を昔のサッカー仲間から聞いたり、調べてみると私の出身県の小学生から高校までの育成事情がよく見えてきます。

 

 3種(ジュニアユース)の状況は、私が中学生だった頃から強くて有名な街クラブとJクラブが強いようです。

 3種の高円宮杯を見ると街クラブの数がすごく増えていることも分かりますが、中学の部活が上位に食い込んできています。県のベスト4には、Jクラブ、強くて有名な街クラブ、中学部活2校という感じです。私の中学の母校も含まれています。

 選手はほとんど県内出身者でしょう。Jクラブには他県出身者の子が数人いるかもしれません。

 ちなみに4種(ジュニア)は県内出身者ばかりでやっているようです。

 

 3種(ジュニアユース)までは、私の母校も相変わらず成績が良いようなので、昔と余り変わらないのかな。

 3種までは県内出身者で上位を争っているけど、2種になると他県の街クラブ、Jクラブ出身者で固めるチームに束になってもかなわない状況です。

 つまり、この県の3種までの育成では他県で育った選手に敵う選手を育てられていないということです。

 4種から3種にかけて県内の大会で勝つことと、2種より上のカテゴリで活躍できる選手を多く育成することは、両立できていないと想像できます。

 県内出身者同士でサッカーを勝った負けたと楽しめるのは3種まで。2種では他県の街クラブ、Jクラブで育った別次元のレベルの子達に絶対に勝てないというのが今の現実です。

 

 高校の時の部活の友達は、「おれたちが高校でサッカーやってた時とは全然違うよ。ファールの貰い方が格好いい。高校までにあんなの教わらないだろ。」と言います。

 どこにでもある地方県では、他にもこんな状況のところがあるかもしれません。県内の人たちが4種(ジュニア)、3種(ジュニアユース)でどこを目標として積み上げていくのか。何か足りないものがある。何か工夫が必要なんだと思います。

リフティングはやっぱり難しい。だから練習やめる。

 9月はリフティング練習ばっかりやっていました。15分間自主練習したとしたら15分間全部リフティングだけ。

 

 1回蹴ってはボールを落とし、拾い、2回できたかと思えば、ボールを落とし、拾いして、たまに4回ぐらいできるようなときもあるというのを1ヵ月続けました。その結果、最高6回という記録が出ました。

 

 1ヶ月続けても6回かぁというのもありますが、私自身リフティング練習に付き合うのに飽きてしまったので、もうリフティング練習だけはやめました。

 10月からは、パス練したり、ドリブルしたり、ヘディングやったりしています。ボール蹴ってる方が断然楽しいですね。

 

 とはいえリフティングは続けています。自主錬の最初に5回リフティング練習をやって、その後は、サイドキックのパス練というか蹴りっこです。パントキックでインステップの蹴り方練習したり、トラップ、ヘディングという感じです。

 リフティングの練習を続けてみて今、感じるのは、キックもトラップも動作のこなれた感が上がっていました。

 私の感覚で言うと、キックもトラップも、止める足、蹴る足よりも、軸足の役割が重要です。

 軸足一本で体を支えながら、ボールを止める時には体の力を抜く動作、蹴る時には体重を乗せる動作を支える役割をするのが軸足です。

 ボールを蹴る時は軸足で体を支えて体をしならせて、蹴り足は振るだけ。

 ボールを止める時は軸足一本で軽くジャンプして体の力を抜かせて、止める足に軽く当てる(手前に落とす)という感覚です。

 蹴る時も止める時もボールがあたる足の足首を固定するのも大事です。

 こういった動作はリフティングの時も同じです。1ヵ月間軸足で体を支える、蹴り足を振る、軽く当てるという動作を続けていたので、少し身についたのかなと思います。

 

 リフティングはできないといけないと過去記事でも書きましたが、リフティング練習には意味があったなと実感します。

footballhajimel.hatenablog.com

 

 今後はキック、トラップ、ドリブルといろいろな練習をやりながら、補足的にリフティングも続けていって回数が増やせられたらいいなと思います。 

秋の大運動会。運動神経中の下の子が少年サッカーやってみると(10ヵ月後)

 10月になり、小学校の運動会がありました。真っ青な空の下、天気に恵まれた中での運動会でした。

 運動会といえば、かけっこ、選抜リレーが花形です。

 サッカーやってみて、運動神経がよくなったのかどうかのよい指標となります。

 

 サッカー始めて8ヵ月間週1回2時間スクールに通いましたが、選抜リレーは落選です。選抜リレーに選ばれるほどスピードがつくことはありませんでした。

 かけっこは、最終組の4つ前の組となりました。走る組はタイムの遅い順なので、最終組に近い方がタイムが良くなっていきます。去年が5組目とか前の方の組だったので結構走れるようになったんだなと思いました。これはたー君も同じことを思っていて、満足気でした。

 走る組は6人でしたが、結果は6人中6位。これには理由があります。スタートのタイミングが全く合わなくて大きく出遅れてしまったのです。

 出遅れについて、たー君に尋ねてみました。すると、

たー君「お父さん、スタートの時の「位置について」ってどういう意味?」

わたし「はっ???どういう意味って???」

たー君「「位置について」と「よーい」ってどういう意味なの?」

わたし「それはスタートの合図のことだろ。知らなかったの?」

たー君「知らなかった。意味分かんねえし。(←前思春期のため反抗期風)」

 そういえば、運動会の予行演習があった日の夕飯の時に、かけっこのスタートの時に何したらいいかわらなかったとか、なんとか言っていました。

 たー君は、「位置について」の時に、スタートのポーズをとって、「よーい」で気をつけすると思っていたらしいです。なので、「どん」の時も気をつけをしたままで出遅れたのです。それを見てた私は思わず「ばっ・・か・・・」と口から出ました。ママはひっくり返っていました。

 本人からスタートの合図の動作を知らなかったことを聞かされて、あきれて物も言えないというか、小3になってスタートの合図も理解していなかったとか信じられない。

 

 運動神経イマイチな子がサッカー始めてどうなるかというのを伝えていくのが、このブログのコンセプトです。サッカーをやってみて10ヵ月後、少し走れるようにはなってきたけど、子供に教えないといけないことはたくさんあるんだなと痛感しました。