運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

運動神経イマイチなたー君(小3)の小2から始めた等身大のフットボールライフのブログ。

飛び入り参加したサッカークラブの練習でどうだったのかについて。

 前回、ママの実家のサッカークラブにてたー君が練習参加、私がパパコーチ参加した記事を書きましたが、今回は、たー君の出来を書きます。

↓前回の記事

footballhajimel.hatenablog.com

 

 普段、スクールに行ってますが、なかなか練習を見ることはできません。今回は、ほとんど見ることができました。

 

 まず、練習の雰囲気ですが、通っているスクールののんびりした雰囲気とは違って、ピリッとした雰囲気の中で2時間の練習が行われていました。

 正直、真面目半分、遊び半分で活動していると思っていたので、軽い気もちで練習に参加させていました。しかし、コーチ達も熱心に指導していて、緊張感のある練習をしていたので、失礼な考えだったなと恐縮してしまいました。

 テキパキ動く子、集中している子、のんびりしている子、気が散っている子といろいろいますが、それぞれの性格が出ながらもみんなが真剣に練習に取り組んでいました。

 たー君の練習に望む姿勢も私が前に叱ったスクールで見せたダラダラした様子はなく、緊張感を持って練習をしていました。

↓叱った時の記事

footballhajimel.hatenablog.com

 

 このチームは1年~3年の低学年グループと4年~6年の高学年グループで練習の曜日が分かれますが、ママの実家の隣の家の子が5年生なので、たー君は3年生ながら高学年グループで練習をさせてもらえました。

 

 ドリブル、トラップ、パスの基本練習から始まりますが、ボールタッチを混ぜながらのコーンドリブルの出来がひどかったです。

 ボールタッチのリズム、テンポ、コントロール、ボールを運ぶという点はまだまだまずいなと思いました。ドリブルの自主練習の内容をこのチームの練習に変えようと思いました。

 

 逆にトラップ、パスは遜色なくやっていました。右も左もボールを止めて蹴ることができていたので、基礎→グループ→実戦と練習メニューが変わっていく中で、グループ、実戦の方が練習についていけているように見えました。

 

 けど、実戦で4対4のゲーム形式になると、いつも団子サッカーをやっているので、ボールにばかり行ってしまいます。この点は味方で三角形を作るようなイメージを持って、ポジション取るようにと、そうしたらパスが出てくるからという話をしました。そう動かないとチームの練習にもならないので。

 良い点もあって、守備も攻撃も参加意識が高くて攻守の切り替えもできるし、ずっと動いています。サボらないというか、ここはたー君の性格からくる特徴なんだろうなと思います。

 

 コーチも保護者の方たちも、「サッカークラブ入っているんですよね。動きが初めてじゃないですもんね。」と話しかけてくれたり、子供たちも人数が少ないので1人増えたことが嬉しいのかすっかり馴染んで練習をしていました。

 

 ただ飛び入りでも馴染めているのは、たー君が少しはボールコントロールが身についてるからだと思います。サッカーはボールを止めて蹴るが意思疎通の代わりだったりします。ボールが扱えた方が輪に入るのも簡単になるのかなと思います。

 違和感なく練習に参加できているのもボールタッチ、トラップ、パスという地味な基礎練習を積み上げてきた賜物だなと思います。

 実戦練習中の休憩中の子供たちから「たー君うまいよ。」と認めてもらえているような声も聞こえました。これって本当に上手いという意味でなくて、練習についていけるレベルだなという意味で言ったんだと思います。

 

 ママの実家の隣の家の子の後押しもあって、遠くの町のサッカークラブのメンバーに囲まれて一緒にサッカーをしている。

 サッカーを始めたら、偶々が重なって遠くの土地で同年代の子と触れ合って、また新しい経験ができています。スポーツを通じて、たー君の世界が少しずつ広がってるなと思いました。

少年サッカーのお父さんコーチをやってみた。

 我が家の夏の恒例で、ママの実家に行きました。海あり川あり山ありで自然大満喫の夏休みです。

 私は海水浴も川泳ぎも釣りも全部大好きなので、子供と一緒に太陽を浴びまくって遊びます。

 今年は猛暑ということですが、田舎に行っても猛暑です。ただ、風の温度が違います。涼しい風が吹きます。それと、日が暮れると気温がどんどん下がります。夜は窓を開けておけば、クーラーかけてるのと同じ状況でグッスリスヤスヤ寝れました。

 

 子供たちは、春休みにも帰っていて、その時にたー君はママの実家のサッカークラブ(多分スポ少)の練習に、仲の良い隣の家の子と参加しました。

 過去記事↓

footballhajimel.hatenablog.com

 

footballhajimel.hatenablog.com

  

 そして、今回も隣の子と一緒にサッカーの練習に通いました。飛び入り参加にも関わらず受け入れてくれたサッカークラブの寛大さにも感謝です。

 

 感謝を伝えるためにご挨拶かたがた練習に顔を出しに行きました。

そうすると、どうやら今日はコーチが1名しかいない。

 「サッカー経験あるそうなんで、手伝ってくれると助かるんですが。」と言われ、(自分の子供を飛び入りで参加させてもらってるのに断れない。)ということで、「私で良かったらやります。」ということで、お父さんコーチをやらせてもらいました。

 

 とにかく、チームのコーチの練習の意図を子供達と一緒に聞いてそれに沿ってお願いされたグループの練習を見ます。とりあえず、コーチ難しいです。

 サッカーをしていてチームメイトに修正の声をかけるのとは全然違います。

 練習している子供達に何て声をかけたらいいか分かりません。どのタイミングで練習を止めたらいいか分かりません。へたなことは言えないと不安な気持ちになります。

 

 技術的、戦術的な部分について声をかけることは、余計なことだと思ったのでやめました。

 グループ練習を見ていたので、相手の名前を呼んだり、味方に状況を教えてあげたり、ルーズボールをお見合いしないように声をかけ合ったりする点については声をかけるようにしました。

 味方同士声をかけ合えば、お互いの存在が分かるし、パスコースも分かるし、大きな助けになるんだよという話をしました。

 目で周りを見るのと同じくらい、耳で味方の位置を感じるのは大事だよと話をしました。

 

 そんなこんなしていると、隣の家の子のパパが練習を見に来ました。すぐに目が合って、「おお!やってますねぇ!」というようなアイコンタクトをしてきました。 

 

 今回、子供達にサッカーを指導するコーチは凄いなと実体験できました。貴重な経験です。

 

 今回、2回練習を見学に行きましたが、子供達の足下の技術がしっかりしていました。練習も基本から始めて、グループ、実戦というようにメニューが組まれていました。コーチ達も熱心で、サッカーを身につけて欲しい、上達して欲しいというのが伝わってきました。

 

 今回、たー君がお世話になったこともあって差し入れも持っていきましたが、チームの子供たちがひとりひとり私に声をかけてくれて、「おいしかったです。ありがとうございます。」とはにかみながら御礼を言ってくれたのが、とても気持ちが良かったです。

 御礼を伝えること、伝える気持ちがとても大事だな。仕事でも気をつけようと大人なのに勉強させてもらいました。

 コーチも保護者の方々も皆、朗らかでたー君を「一緒にサッカーしましょう。」と、寛大に受け入れてくれました。

 

 のどかな町に素敵なサッカーチームがありました。

自主練習を見直す

 自主練習の目的はボールコントロールを高めることです。

 

 スクール戦を見たところたー君の60点のボールコントロールでは不十分なので、なんとか80点代に乗せたいと思い、自主練習のやり直しをすることとしました。

 

footballhajimel.hatenablog.com

  

 またまた私が、年末挨拶でもらった企業のシステム手帳のダイアリー欄に自主錬メニューを書き、それに沿って取り組んでもらいます。

 

 これまでの目的は、とりあえずボール扱いに慣れるということでしたが、これからは、「ボールが足につく」ことを目指します。

 それには、意識が大事で、与えられたメニューをただなんとなく取り組んで、回数やりましたじゃなくて、ボールが足から離れないように、自分が思った通りの場所にボールを置けるようになることを意識して取り組むように言いました。

 

 メニューは、

 ボールタッチ:スイフトクロス、ジンガ 

 コーンドリブル:ダブルタッチ、アウトサイド、Vターン 

 

 それにしても最近は、練習メニューにいろいろ名前がついていますね。スイフトクロスなんて初めて聞きました。

 

 選んだメニューはとりあえず思いついたのを並べただけで、大事なのは、全部に正確さ、足の動き、テンポを良くするように言っています。そして、足のそばにボールがあること、ボールが離れていかないことを意識してやるように言っています。

  

 Vターンなんかは片足でボールを右に動かして、左に引き戻してというのを、右足はいいとして左足は苦戦していましたが、動きを覚え込もうと意識するだけで、2日目には慣れていました。

 

 あとは、速度と精度と確度を求めて、本人も意識して練習していれば、その意識が自然と身について、今後も同じ意識で練習に取り組めれば、上達も望めるのかなと思います。