運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

運動神経イマイチなたー君(小3)の小2から始めた等身大のフットボールライフのブログ。

サッカーで子供を伸ばす本に付いてた練習DVDを見て、広い視野を子供に教えてみた。

ジュニアサッカーコーチの池上さんの本を買ったのは6年くらい前、サッカー関連で話題になってたので買った。

その時は読んでもピンとこなかったし、肝心のたー君はまだ2歳でボール遊びに興味は示さないし、この子がこの先サッカー選手になることはないなと決めてしまったので、私も本の内容を参考にする機会がなかった。

買った時に1回だけ読んで付録の練習DVDの未開封だったので、久しぶりに見たら超美品だった。
改めて読んでみると、今度はジュニアサッカーの子供指導であるある的な課題への対処法、語りかけ法になるほど参考になるなぁと思うところが多々ありました。

今まで封印されていたDVDもたー君が見たいというので、封印を解いていよいよ見ることとなりました。

ママが買い出しに行っている最中だったので、ぴょんこが遊んでとせがむのと赤ちゃんのお守りをしていて、私はほとんど見ることはできませんでしたが、たー君はひとりでボーっと見ています。

たまに、「面白い?」と聞くと、「面白い。」とぼんやり答えが返ってきます。決して子供が見て面白い映像とは思えないんだけど、練習の進行とか意図ってのを見とくだけでも、スクールでコーチが言う練習の目的を理解する勘もつくのかなと思いました。

たまたま見たシーンで、4対1のボール回しを2個のボールで行う練習をしていました。その時に池上さんが、『ジェフの佐藤勇人、阿部、羽生もやった。プロの選手がやった練習。オシム監督は「右目で右側のボールを見て、左目で左側のボールを見ろ。」と言っていた。』という説明をしていました。


この時だけは、映像の真似をして、たー君に右手の人差し指、左手の人差し指を立てた両手を伸ばさせて両目の直線上から両耳の辺りまで開かせました。
両手の人差し指が見切れるギリギリのところ辺りで、視野と間接視野の話をして、人間の目は広い範囲を見れることと、ぼんやり見えた情報も認識できることを伝えて、そのくらい見えるってことを意識してサッカーするんだよと伝えておきました。

たー君は、ボーっとしながら、「よくわかんない。」と言っています。
ただ、これはサッカーっぽい動きになるためには非常に大事なので、今後もたー君に伝えていきたいと思います。

DVDの映像にワンバウンドリフティングの練習もあったので、それを見てなんとなく参考にしてもらえればいいなというのが元々の目的でしたが、最後まで飽きることなく映像を見ていたので、きっと勉強になったのだと思います。

その後のたー君。なんだかまだぼーっとしています。ぴょんこの相手をしながら、もう一度たー君を見ると寝転んでいます。
「お父さん。体が動かない。」
熱を計ると38℃あります。
前日のスクールは超元気だったとのこと。ただ、たくさん咳がでたそうです。
休日診療に行くとインフルエンザでした。
休日診療も子供たちでいっぱいで、45人待ち。
インフルエンザ大流行を肌で感じました。

リフティング嫌いなので自主練習の順序を考えてみる。

ジュニアサッカー始めるっていうことは、競技を始めるってこと。

競技ってことは勝ち負けをつけるように、練習中には子どもたちの中で技術の優劣はつけてるように思う。

「周りのみんなはリフティングできてる。おれ、できない。」ってこともやっている子供達は感じたりするだろう。

私はリフティングの回数は大事だと思ってない。50回もできれば、回数は倍々でできる。

大事なのは自分が考えた高さ、場所、インステップ、インサイド、アウトサイド、背中側に蹴り上げてターンしてリフティングなどができるようになるか。

イメージ通りにボールコントロールできるかを身につけることが大事だと思うんだけど、そこまでいけばボールで遊んでるっていう意識になっていると思う。

リフティング練習の行きつくところはボール遊びであり、試合で使えるボールコントロールの習得ができる一石二鳥練習ではある。

そこまで行き着くための過程は結局、回数できるかが入口だとは思う。

たー君はリフティング嫌い宣言をしたので、自主練習のメニューから外したけど、練習表作って2回成功でも目標クリアってことにしている。

4回できて、5回目があっちにボーンってなってそれは成功って言えないんじゃないかって場合でも、「おお!5回できた!」と言っている。

それで、たー君が「おれ、5回できる。」と思い込んでくれれば、5回目はすんなりクリアして7回目に挑戦していける。

回数に縛られると、5回目できないって意識の部分で壁を作るから難しくなる。

ボールを地面に落とさなけりゃいい。格好悪くてアバウトなリフティングでも回数を伸ばせるだろう。


とは言っても、リフティングができるようになるアイデアを伝えないといけないなと考えました。

自分が小学生の時のことを考えて、コツコツやってできるようになったけど、もっと良い方法ないかなと。

リフティングは、足の甲でボールを蹴り上げる力加減がコツになってくるので、結局ボールを扱う力加減の感覚がまだまだ未熟なんだなと思います。

サッカー始めたばかりなので、未熟なのは当然ですね。

ボールを扱う力加減は、言い換えるとタッチですね。ボールタッチ。

ボールタッチを先にやって、ドリブル上手くなって、蹴る力加減も分かって、リフティングもできるようになっていくという一石三鳥の筋道を立てたいと思います。


足の甲をよく使うボールタッチは、アウトサイドタッチなので、自主練習メニューには、アウトサイドのボールタッチとアウトサイドのコーンドリブルにしました。

外側になる足でボール飛び越しステップしての左右ボールタッチで動きに慣れさせて、アウトサイドとインサイドを交互にステップして右足だけボールタッチ。

コーンドリブルですが、私はスピーディーにスラロームするんではなくて、インサイドであれば、ダブルタッチの連続でタッチを細かく、タッチ数を多くしてスラロームするように言っています。

アウトサイドのコーンドリブルは、右アウトサイドでコーンかわして、右インサイドでボール止めて、右インサイドでコーンかわして右アウトサイドでボール止めての繰り返しを、タッチを細かく、タッチ数を多くしてスラローム

利き足の右足だけの練習です。これにはもうひとつねらいがあります。


コーンドリブルはボールを扱う足に目がいきますが、ボールをタッチして右足が移動するのと一緒に左足の軸足が一緒に移動するように言っています。

蹴り足だけ移動するんじゃなくて軸足も平行に動かして体ごと移動するというか、腰と両足が下半身ごと一緒に移動する動きをクセづけしたいと思っています。

右足と左足が開きすぎないように、スタンス幅が肩幅くらいで平行して動きながらボールを扱うクセをつけたいです。

利き足の右足を使う時は、軸足の左足がついてくる。左足使うようになったら、軸足の右足がついてくる。

たー君は足が遅いからなおさらこれをサッカーする動きのクセにしたいです。

ジュニアサッカー自主練習。リフティング嫌い。

週に1回のスクールを充実させるために、たー君には自主練習のメニューを立ててあげてます。
例えば、今週は月曜から金曜日まで、リフティングキャッチとワンバウンドリフティングとコーンドリブルでした。
毎日消化しているようなので、感心です。

しかし、リフティングの練習にはフラストレーションが溜まりつつあるようです。

「おれ、リフティングの練習キライ」と、
はっきり言ってました。
お風呂に入ってる時も、
「あ~あ。リフティングの練習キライ。」と、
お風呂につかってリラックスしながら言ってました。

なので、リフティングを自主練習のメニューから外しました。
代わりに、リフティングチャレンジ表を作りました。小学校の体育で縄跳び前跳び10回で10級という感じのやつを似せて作りました。
リフティング2回連続成功できれば10級という感じで一級に到達できるようにワンバウンドリフティングからリフティングまで6段階で構成しました。

私も小学生の時にリフティングを練習し始めた時、あっちにぼーん、こっちにぼーんと思い通りにならないことで一生できないと思いました。
けど、できる過程もよく知ってるので、まずはコツをつかむ日を待っています。

コツさえつかめば2回、4回、8回と連続成功が倍々でできると思います。
リフティングチャレンジ表が半年後にどれくらい色塗りされているか、飽きて真っ白か、さあ、どうなるでしょうか。