運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

運動神経イマイチなたー君(小6)の小2から始めた等身大のフットボールライフのブログ。

ユーロ一周目

 ユーロ2020のグループリーグが始まって全てのグループで1試合目が終わりました。

 

 1周見ての感想です。

 イタリアはスムーズですね。攻から守、守から攻、ボールのつなぎもサイドアタックもスムーズです。

 ボランチジョルジーニョがイタリアの全てですね。チェルシーではコバチッチとカンテと並んでるので、つなぎ役にしか見えませんでしたが、イタリア代表ではサッカーの全てができるように見えます。

 

 デンマークは、とにかくショックです。勝負の2試合目ですね。ベルギー戦で団結力を見せて欲しいです。

 

 フランスのスタメンを見た時にレアルマドリードみたいだなと思いました。地球レベルではない銀河系の顔ぶれ。豪華で総年俸も銀河系だろうな。

 

 ポルトガルも豪華です。前線のアタッカー1人の力でペナルティエリアに入っていけます。CR7はいまだにヨーロッパナンバー1のアタッカーでした。

 

 ドイツは3敗あるかもなぁ。

 

 フランス、ポルトガル、イタリアが強く見えますが、一番強いと思ったのはイングランドです。全体が速くて人にも強い。

 

 平行して日本代表の試合がいろいろたくさんやっていました。

 比べるとユーロの方が試合の流れは全体的にゆっくりです。相手がゆっくりであれば、こっちもゆっくり。

 なかなか眠気を誘います。けど、突然その調子を崩して、テンポが急になるので、調子が狂います。ビックリさせられて心拍数が上がります。目が離せません。その時が予測不能なプレーを見逃したら、何のために睡眠時間を削ってるのか落ち込みます。

 

 日本はA代表もu24も相手がテンポが速かろうが、遅かろうが、ずっとテンポが速いです。同調子です。キックオフした時に試合終了まで何をするのかが大体分かります。

 ベルギーに90分かけて2-3で仕留められるよなと思います。あの時から調子は何も変わっていません。